Type98 Ke-Ni

Ke-Ni

新米車長さん、こんにちわ
今日は日本Tier3 軽戦車Type98 Ke-Niについてのレビューです。
Type98 Ke-Niは俯角にすぐれた高台、斜面のスペシャリスト。派生先はKe-Hoのみで開発もすぐ終わるので先に進もうと思えば早いのですが、乗員育成しながら頭出し射撃の利点を覚えるのにもってこいの車両です。

Type98 Ke-Niの特徴

Ke-Ni 俯角15°
駆逐に正面を向かれた!回避行動をしながらもオートエイムでの追従性が抜群!

●俯角-15°、斜面のスペシャリスト
同tier帯の軽戦車が概ね俯角10°の中でKe-Niは俯角15°と優れ、斜面での運用に向いている。右クリックのオートエイムでも無理めな体勢からも当てる事が出来るのは非常にありがたい。
攻撃面は後期砲37mm Gun Type1の一発は50と同格LTでは平均的な重さ。しかし貫通がAP57、APCRでも73とやや物足りなさもある。
機動力では同格LTではやや優れるという位置づけ。基本視界は310mとやや劣る。
防御面は16/12/10mmと格下Tier2相手にもフルで抜かれうる薄さ。このTier帯は防御力は総じて低いとはいえ跳弾もほとんど期待できない上、HE榴弾さえも安定して貫通される。耐久も後期砲塔で240とTierなり。撃たれたらまずダメージを貰う事を意識して動こう。

Type98 Ke-Niのおすすめ拡張パーツ

カモカニ換気扇

Type98 Ke-Niの立ち回り

Ke-Ni・鉱山
俯角をいかして高台からの撃ち下ろしを心掛けよう!

●鉱山
味方の快速車両が中央の高台を目指すようなら一緒に高台へ向かう。スピード的にやや遅れて入る事が多いので一番狙われやすい。高台に入れれば制圧後は俯角の良さを活かして上から打ち下ろしで。

●ルインベルク
東側にわずかな起伏はあるものの、遮蔽物もすくなく俯角の良さが活かしずらいマップ。西側の撃ち合いも跳弾はあまり期待できないのでやや苦手。快速を活かしてミニマップでチャンスを探り、側面や裏取りを行おう。

●ヒメルズドルフ
やはり俯角を活かすなら高台からの打ち下ろし。斜面からの頭出しも砲塔の小ささを活かして活躍のポイント。

Type98 Ke-Niの立ち回り参考動画

Type98 Ke-Niの成績が上がらない場合の見直し点

 機動力にそこそこ良さがあるので開幕良ポジションに駆け込み手数で押してみたい。砲塔が小さいので俯角の良さを活かして斜面と友達になろう。通常弾の貫通力が低いのでここぞという時に適度にAPCRを混ぜていきたい車両。

Type98 Ke-Niの初心者オススメ度

60点
 機動力がそこそこあり俯角があるので高台を取れれば使い易さはある。一方でAP弾の貫通力は低めで格上への対応力は低い上、防御面は劣悪。長所と短所をよくわきまえておこう。