Pz.Kpfw. III Ausf. J

wot Paz3j

 新米車長のみなさんこんにちは
 今日はドイツtier4中戦車、Pz3Jのレビューです。Ver1.9でもドイツ中戦車通常ツリーとして残る車両です。新ツリーをはじめるにあたり、初心者Tier帯でそれなりに会敵の機会がありますので、特徴を覚えておくといいかもしれませんね。

Pz.Kpfw. III Ausf. Jのストロングポイント

● 俯角、仰角とも良好で射撃機会は逃さない
● そこそこの正面防御力と機動力

Pz.Kpfw. III Ausf. Jのウィークポイント

● 貫通力が貧弱で格上相手は苦手(金弾ある程度積んでおきたい)

wot pz3j 俯角

wot pz3j 仰角
 俯角10°、仰角20°とも良好で姿勢で射撃機会を逃すことは少ない。

貫通が足らなくて困ったらラムアタック

wot pz3j ラムアタック
 同格でも固い相手が多いtier4帯、
マチルダ 27.32t > AMX40 20.18t > PZ3J 19.81t と重量の上ではやや分が悪いですが、最終局面で抜けない時は突っ込むのもアリです。

Pz.Kpfw. III Ausf. J オススメ拡張パーツ

● 装填棒(ラマー)、射撃装置(ガンレイ)、被膜(レンズ) 中距離狙撃型
● 装填棒(ラマー)、換気扇(中)、被膜(レンズ) 前線万能タイプ
 低tierで開発終了までも早いので、カニ眼鏡、カモネット、工具箱の載せ替え3兄弟セットで済ますのもアリです

Pz.Kpfw. III Ausf. J 初心者オススメ度

30点
 姿勢や地形を苦にせず撃ちに行ける。余計なストレスなく射撃機会が増える点は良いものの、同格の固い戦車相手でも金弾必須の場面が多い。格上相手には側面ないし背後に回るような立ち回りを求められるので、初心者だとダメージがまったく取れない場面もあり、なかなか開発経験値を貯められないままドロ沼に嵌る可能性アリ。ある程度多めに金弾を持ち、抜ける相手には通常弾を使いわけるなどしていくなどマネジメント面も求められる車両。ある程度ゲームに慣れてから進めても良いルート。