Pz.Kpfw. S35

Pz.S35

新米車長さん、こんにちわ
今日はドイツTier3 中戦車Pz.Kpfw. S35についてのレビューです。
Pz.Kpfw. S35はフランスTier3中戦車SomuaS35をフランス降伏後、ドイツ軍が鹵獲した車両です。本家SomuaS35に比べ砲塔装甲UP、耐久値UP、車体装甲DOWN、砲性能DOWNと微妙に性能差があります。この車両はドイツの課金車両で乗員育成にボーナスが付くのでプライマリ、セカンダリともに早く育ちます。取得はゴールド消費、ショップいずれかで販売されています。時より割引セールもあるのでそういった機会に取得してみたらいかがでしょうか?

Pz.Kpfw. S35の特徴

 砲は4,7 cm SA 35 L/34。単発52ダメージ、貫通はAP55mm、APCRは90mmとtier3帯なら水準点。格下相手ならAP、格上の固い連中(Matilda,AMX40,ヘッツアー正面)はAPCRと、状況によって使い分ければ「赤字足れ流し」状態にはならないだろう。俯角は10°あり、斜面での使い辛さも特にない。
 装甲面は砲塔は56/46/46mmと、砲塔だけ出していれば同格駆逐以外は結構弾いてくれる上に車体も36/35/35mmとPz1Cが逃げ出す装甲。耐久値260はtier3中戦車としては低めだが同格軽戦車に比べればやや高い設定。
 機動力は軽戦車に比べて劣るのは仕方がないが乗員100%状態なら味方の進軍に着いていけないほどでもない。
 「走」「攻」は水準ながらも「守」はハイレベル。味方の盾となって弾受けを行えばチームに貢献できるだろう。

Pz.Kpfw. S35のオススメ拡張パーツ

換気扇は確定で後はお好み。「カモネット」はどちらかというと不要。空いた所に何をつけるかだが、重戦車的な役割の車両なので大口径榴弾ワンパン対策に「内貼り」があるとワンパン回避する事もあるので「お守り」がわりに付けておくと良いかも。或いは「射撃装置」だが素のままでもさほど困る事はないので効果は微妙。視界系の「レンズ被膜」も良いが500,000crと初心者には高価なので、「カニ眼鏡」を使いまわしでも良い。

Pz.Kpfw. S35の立ち回り

Pz.S35
駆逐と格上以外は、ある程度オラついて行動もアリ

 とりあえず前に出て撃ちあう車両。

●鉱山
 高台入口正面の撃ち合い。あるいは東側の制圧。

●ルインベルク
 西側中央の撃ち合い参加で良いのではないでしょうか?怖いのは自走砲の榴弾と榴弾ロマン砲勢。

●ヒメルズドルフ
 同格戦以下なら8ラインに行って欲しい車両。

Pz.Kpfw. S35の立ち回り参考動画

Pz.Kpfw. S35の成績が上がらない場合の見直し点

●基本的には前に出る車両
同格や格下相手の場合は装甲の良さもあってどんどん前に出て撃っていれば勝手にダメージが入る。格上相手の場合は装甲はアテにならない上に単発差も大きいので正面からの撃ち合いはなるばけ避けたい。足も速いわけではないので複数で行動するよう心がけよう。

Pz.Kpfw. S35の初心者オススメ度

90点

APCRでないと安定して抜けないものの、同格相手なら体力と装甲を活かせれば立ち回りの幅は広い。購入価格も安く、ドイツ中戦車の乗員育成用(特に車長の六感取得)にオススメしたい車両。収支面では同格以上で活躍するなら金弾使用機会が増えるのであまり期待はできないが、Tier2-3戦場のトップに入れれば通常AP弾で対応できるが良くても20,000cr付近まで。やはり収支よりは育成向きな車両。格上に対しては火力面、装甲面であきらかに劣るが同格以下であれば強い部類の車両で実質Tier3.2くらいあるといって良いだろう。

収支貢献:☆☆
乗員育成:☆☆☆☆
使用感 :☆☆☆☆