ベルリン

wot berlin

wot ベルリン 攻略

 アジアサーバーでは2020年6月に登場。第二次世界大戦末期のベルリンが舞台。中央を挟んで南北広く長い前線となる。高Tier向けの広いマップのため、初心者Tier帯では広すぎる感もあり戦力の割り振り次第で毎回展開が変わる

ベルリン

マップの特徴

 マップデザイン的には北側が重戦車ステージ、中央の防空壕付近が中戦車ステージ、南側がLT、TDによる視界・隠蔽のステージと設定されている。スポーン位置が中央よりやや北側のCラインに設定されているため、南側には足の速い車両が向いている。自走砲は北側両隅に一段低くなっている回避行動もとれるスペースが用意されている。
 全体的には中央の塹壕と防空壕を取ると重戦車ステージへの射線が増え有利に展開しやすいがA~Kラインまでどのラインも疎かにできないので、マップの広さの割には上位Tierの戦闘は一角が崩れると勝負付けは早い。また初動の枚数の疎密しだいでは重戦車ステージの速攻もありうるので臨機応変の対応力が求められる。
 下位Tierだとマップが広い分、劣勢からでも機動力と視界での巻き返しも可能。また街マップの割には塹壕など起伏部分も多く、ハルダウン、俯角を活かした戦闘など工夫次第ではボトムマッチでの活躍も可能なマップ。

ABCD重戦車ライン

 メイン会場となるCラインの撃ち合い。Bエリア中央[B5][B6]の横から撃てると強いが、Aラインがそれを牽制するのがマップデザインと思われる。Cラインの道を渡っての貼りつきや進攻は[F5]の防空壕の勝敗を見てから。縦方向への注意も怠らずに。

Cライン

トップ重戦車会場。道を渡る際は5ライン中央の状況に注意。
wot ベルリン 重戦車

wot ベルリン 重戦車

Bライン

 Aラインを牽制しつつ、Cラインにちょっかいを出すトップ中戦車や足の速い重戦車向き。初手で中央を覗きにいくのはハイリスクハイリターン。
wot ベルリン 中戦車

wot ベルリン 中戦車

Aライン

 Bラインを見張る役目。自分が真っ先に落ちてしまうと意味がないので防御重視で。まずは、その場にいる事が重要。ボトム重戦車、駆逐向け。
wot ベルリン ボトム

wot ベルリン ボトム

EFGHJK中軽戦車ライン

 支援拠点となる[F5]防空壕の奪取もあるが、もう一つのポイントとして左右両陣営に設置されている三角形の緑地帯が厄介な存在。カニ眼鏡を展開したTDが15mルールを使えればかなり脅威となるだろう。
wot ベルリン 駆逐

wot ベルリン 駆逐

自走砲

 マップ北側の両端にそれぞれ広いエリア。おあつらえ向けに一段低い位置となっている。[A1]には最後の一発エリアも用意。基本的にはBラインへの牽制。
wot ベルリン 自走砲

wot ベルリン 自走砲

wot ベルリン 自走砲