マンネルハイム線(旧北極圏)

北極圏 wot 戦場

wot マンネルハイム線 1.0

冬マップ。主な侵攻ルートは2つで南東の窪地は重戦車、北西は快速戦車エリアになる。中央は開けておりメイン侵攻ルートとしては弱いが、隠蔽が良ければ意表をついた裏取りルートとなる。Ver1.0でマップHD化されたがセオリー自体はVer0.92を引き継いでいる。

偵察ポジション

マンネルハイム線・軽戦車初動偵察ルート

マンネルハイム LT
 初動は①「高台狙撃位置」の警戒、②要所侵入の警戒、③通行料徴収スポット(北側)。

 北側(東側)チームは[E8]から[Hライン]を通行する車両を見て高台の狙撃勢に撃ってもらう。[D7]は敵陣高台および[G6]カウンタースポット。

 南側(西側)チームは初動の軽戦車は[G6]で敵陣高台を見て、自陣からの狙撃勢に撃ってもらう。[E4]窪みからも高台の高い位置は見える。また裏取り警戒と[C3]侵入の警戒。[C2]は北側戦線の到着まで警戒。もし味方が多いようなら[B4]まで詰めてしまっても良い。

●[D7]北チーム・茂み・偵察スポット
 初動LT偵察ポジション。敵の駆逐が登る高台をスポットするのが役目。ある程度見て動きがないようなら移動しよう。
マンネルポジ_d7

●[G6]南チーム茂み・偵察スポット
初動LT偵察ポジション。敵の駆逐が登る高台をスポットするのが役目。通過する重戦車を発見する事も。隠蔽が低いうちはあまり撃たないほうが良い。もし射撃した場合は一旦岩陰に隠れる事。
WOT 北極圏 G6

狙撃ポジション

C7,C8高台

wot マンネルハイム 狙撃
 北側の初動定番狙撃スポット。[H7]を通過する重戦車、[F4]の対岸の高台の駆逐戦車を狙撃する。敵に見つかる場合は一回岩に隠れて射線を切ってから[G6]の茂みにメクラ撃ちで少々牽制を入れておく。

B5茂み

WOT 北極圏 B5 狙撃スポット

●主に駆逐戦車が入るポイント。[C2]や[E2]付近の火力支援と南側を狙撃できる。

その他の要所

●[K5]窪地・自走砲ポイント・最後の抗戦ポイント
WOT 北極圏・K5
 自走砲が重戦車メイン会場に射線を通しやすい位置。ただしTierが上がってくると相手自走砲によるカウンター攻撃が入り易いので狭いながらも最終射撃ポイントを上手くずらす事。また、このポイントは敗戦濃厚時に少しでもダメージ稼ぐために粘れるポイント。